6か月ごとのセーフティチェック

法定点検から6か月目、または季節の変わり目やロングドライブにお出かけの方におすすめのメニュー。
エンジンの調子、ブレーキの効き具合、バッテリーなどをプロの目でチェックします。
ドライバーの責任で行なうことが法律で義務付けられている日常点検も、
東京スバルにお任せいただければ安心です。

※詳しい点検の時期(走行距離数)については、メンテナンスノートをご覧いただくか、店頭スタッフにお問い合せください。
※オイル・部品代は別途申し受けます。

※掲載項目は主な点検項目です。車種によっては該当しない項目もあります。

拡大してみる

ドライブシーンにあわせたチェックメニューもご用意しています。

厳しい夏・冬に備える
シーズンインチェック

暑さや寒さ、雪などに負けないよう、シーズン前にしっかり点検することが必要です。酷使されがちなエアコン、バッテリー、エンジンなどを入念にチェックします。

※当メニューでは、ドライブシャフト点検を省略いたします。

レジャー・帰省の前に
ロングドライブチェック

レジャーや帰省などの長距離走行、高速走行の前に。いつもと違う負担のかかるエンジン、ブレーキ、タイヤ、バッテリーなどを入念にチェックします。

【追加項目】
●エンジンの低速・加速の状態
●燃料装置
●ブレーキパッド
●パワーステアリングフルード
●エアコン

セーフティチェック料金

車両 普通・小型乗用車 軽自動車
セーフティチェック 3,850円 3,300円
シーズンインチェック ※1 3,850円 3,300円
ロングドライブチェック ※2 4,950円 4,400円
シビアコンディション 3,300円 3,300円
  • ※1 夏季、冬季など季節の変わり目(エンジン/ブレーキ関係/バッテリー/エンジンオイル/タイヤの摩耗・空気圧)
  • ※2 長距離、高速ドライブ時(エンジン/ブレーキ関係/バッテリー/エンジンオイル/タイヤの摩耗・空気圧)
  • ●上記価格には消費税を含んでおります。 ●上記価格は予告なく変更する場合があります。

厳しい使われ方をした場合は、より入念なチェックと部品交換が必要です。

東京スバルがご案内する点検整備や部品交換の時期は、標準的な使用条件(舗装道路を年間10,000km程度走行)を前提としたもの。
下記のような使用状況(シビアコンディション)にあてはまる場合(目安:走行距離の30%以上)は、通常よりもきめ細かい点検、早めの部品交換が必要です。

  • 悪路走行が多い(砂利道、デコボコ道、未舗装路、雪道)
  • 年間走行20,000km以上
  • 山道、登降坂路走行が多い(ブレーキの使用、登り下りが多い)
  • 短距離の繰返し走行が多い(1回の運転で8km)

アフターサービス一覧へ