スタッドレスタイヤ

ウィンターシーズンが近づいても東京に住んでいると『都心の雪なら夏用タイヤでも大丈夫!』、『チェーンがあるから大丈夫!』
なんて私自身、正直そう思っておりました。

ただ、いつもの帰り道『これくらいの雪なら・・・』と思い夏用タイヤで帰宅。
緩やかな下り坂でコントロール不能になり、壁まで数センチ。
『ヒヤリ!』としたのを覚えています。
雪が降る中、寒空でのチェーン取り付けもかなり大変です。
せっかく付けたチェーンが外れてしまったり散々でした。
そんな経験もあり、今回はスタッドレスタイヤについてアドバイスをさせて頂きます。

『スタッドレスタイヤは溝があるから大丈夫!』と思われていませんか?

夏用タイヤであればスリップサインまでは使用可能ですが、
スタッドレスタイヤはスリップサインとは別に プラットホーム と呼ばれるものがあります
新品のタイヤ溝の約半分の位置にあります。
ここまで磨耗が進むとスタッドレスタイヤとしての性能は限界になります。

Img 1 Img 2

『自分のタイヤはプラットホームまでまだまだ溝は大丈夫!』と思われたお客様

タイヤの硬さは大丈夫ですか?

新品のスタッドレスタイヤは非常に軟らかいですが、雪や氷と過酷な条件で使用されたり 使用しなくても経年で硬くなってしまいます。
タイヤが硬くなると、タイヤに切ってある細かな溝で雪をしっかり噛まなくなる為、 滑りやすくなります。

このような状態のタイヤで走行し、事故にでも遭われてしまったらせっかくのドライブも 台無しになってしまいます。

『自分のタイヤの硬さは大丈夫?』というお客様。

私共の工場では 硬度計 を用いて、タイヤの硬さをお調べ出来ます。
お気軽にお声掛け下さい。

Img 3

『新品のスタッドレスタイヤは準備したから大丈夫!』と思われたお客様

スタッドレスタイヤの慣らしは大丈夫ですか?

スタッドレスタイヤも夏タイヤと同様に新品の場合、 慣らしが必要になります。 新品のタイヤのトレッド面はツルツルとしている為、スタッドレスタイヤの性能を 最大限に発揮する為に、慣らし運転をして皮むきを行う必要です。
一般的には100〜200㎞の走行が必要ですので、都心だけで使用するのであれば 雪が降ってしまう前に、装着する事をお奨め致します。