雪道の運転

今回は、雪道走行のアドバイスです。

急発進、急ハンドル、急ブレーキはNG

まず雪道でやってはいけない運転操作は、皆さんもご存知の通り急の付く操作です。
●急発進をすると駆動輪がスリップして発進不能になることがあります。マニュアル車では2速発進、オートマ車ならクリープ現象を利用してゆっくりと発進するとうまくいきます。
またホールドスイッチがある車両でしたらホールドを利用すればマニュアル車の2速発進と同じように高いギヤで発進出来ます。

●急なステアリング操作を行うと、スリップしてコントロールできなくなる場合があります。車線変更等は注意が必要です。

●急ブレーキは、車輪がロックすると車が尻を振って方向性が失われ、制動距離も長くなってしまいます。カーブの途中でブレーキングやシフトダウンを行うと急にタイヤがロックしてカーブの外側に飛び出る恐れがありますので注意して下さい。
余談ですが、ABSがついているから早く止まれる訳ではありませんので、過信しないようにしてください。


駆動方式による特に注意する点

FF車の場合

【上り坂】

坂を登るためにアクセルを踏み込むと駆動輪がスリップして登れないというケースがよくあります。特にFF車は前輪の荷重が減少することから、上り坂ではそのような状況に陥りやすいといった特性があります。坂をスムーズに登るためには平坦なところから助走をつけ、できるだけアクセルを一定に保って登ってしまいましょう。

【下りカーブ】

下り坂では前輪に荷重がかかり、後輪の荷重が減少することから、グリップ力もそれに応じて、前輪が強く、後輪が弱い状態になります。チェーンを装着したFF車では特にその傾向が顕著になります。

この場合車の挙動は極端なオーバーステアになり、下りのカーブではちょっとしたハンドルのきりすぎや急激なアクセルのオン・オフでスピンしてしまいます。アクセルを一定に保ち、カーブに合わせて少しずつハンドルを切るようにすると良いでしょう。

FR車の場合

【上り坂】

FR車は駆動輪にかかる荷重がFF車に比べて小さいため、積雪凍結路での発進時には後輪が空転しやすく、発進不能になることがあります。特に上り坂では注意が必要です。ただし、スタッドレスタイヤにチェーンを装着すれば、ある程度の坂でも発進することができます。

FR車は一般的にオーバーステアの傾向にあり、凍結、積雪路ではアクセル操作に気をつけないと簡単にスピンしてしまいます。特に上り坂では後輪にかかることで、平坦部よりもオーバーステアの傾向が強くなります。

【わだち道】

FR車は前輪が駆動しないので対向車を避ける時や脇道に入る時、雪のわだちを乗り越える時にうまくいかない事があります。

4WD車の場合

【下りカーブ】 

4WD車は発進性能や走行安定性では2WD車に比べ有利ですが、4WD車は2WD車に比べ車重が増加しているため、慣性重量が大きく、コーナリング性能や制動性能ではむしろ低下していると考えられます。過信は禁物です。



雪が降った場合は、スタッドレスタイヤ等のしっかりした装備といつも以上の慎重な運転を心がけてください。