発煙筒

年末年始を迎えるにあたり車の利用も増えてくる頃ではないでしょうか?
今回は、普段使用する機会もないですが、万が一の時に役に立つ発炎筒について簡単にお話させて戴きたいと思います。

発炎筒の用途


発炎筒(はつえんとう)は、おもに自動車等に装備され、鮮やかな赤い炎を上げる筒状の道具です。主に緊急時等に本線車道や路肩に停車した場合において、後続車に対し前方に危険・障害物があることを知らせるために用いられ、使用すると鮮やかな光を放つ炎があがり、後続車からの被視認性を高める為のものです。
しばしば「発煙筒」と誤解されますが、発炎筒が生ずる煙はわずかであり、そもそも煙によって遠方からの視認性を高める発煙筒とは使用目的が異なります。

●自動車用発炎筒

日本において、自動車の保安基準である道路運送車両法によって、自動車には発炎筒の装備が義務化されており、確実な性能を維持するため、有効期限4年と定められています。

設置されている箇所は、助手席足元となっております。
イメージ
一般的な性能としては、

  • 燃焼時間:5分以上
  • 炎色:赤色炎
  • 光度160カンデラ以上

のものが国内で販売されている標準的な発炎筒の性能です。

イメージ

いたずらに着火されますと、なかなか消えません。緊急時以外の使用はお控え下さい。(水に浸けても中々消えませんよ!雨天時簡単に消えては困るものなので!!)

安心にお車を使用して頂く為にも、スタッフ一同皆様のご相談、ご来店をお待ちしておりますので、今度とも宜しくお願い致します。