室内清掃


今回は、室内のお掃除についてご紹介させて頂きます。

愛車のボディをピカピカにされて新年をお迎えのお客様もいらっしゃると思います。

ただ、室内はいかがですか?

気付かぬうちにゴミや汚れが溜まってはいませんか?又、車内の臭いは気になりませんか?

室内のお掃除について簡単ではありますがご紹介させて頂きます。

service_img1401_01 service_img1401_02

まず、フロアマットを取り外し、掃除機を使い車内全体のゴミや埃を吸い取ります。
シートの隅など埃が溜まりやすい部分もできる限り吸い取ってしまいましょう。
特に前席シートの下等には気付かぬうちにゴミが溜まっていることがあります。

掃除機のノズルで内装パネルやシート表面に傷をつけないよう気をつけてください。

service_img1401_03

シートやカーペットにしつこく絡みついた毛髪などは掃除機で吸いきれない場合がございます。 その場合は、「コロコロ」や「ガムテープ」などを試してみてください。
外したフロアマットは、はたいて埃や砂利を落とします。
汚れが酷い場合は水洗いがおすすめです。マット専用の洗浄機のある洗車場もございます。
洗浄後、乾かぬ内にマットを車内に戻すと悪臭やカビの発生の要因になります。
完全に乾燥させてから車内にセットしてください。(湿ったマットの乾燥にはお時間が掛かります)

汎用品の樹脂マットを敷いてるお客様に於かれましては、運転席に関しては
マットがずれてブレーキペダル操作時に引っ掛かり思いもよらぬ事故につながることもあるため 固定がしっかりでき、ずれない純正品をおすすめします。

service_img1401_04

ダッシュボードや内装パネルの埃は乾拭き、もしくは水を固く絞ったタオルでやさしく拭い取ります
エアコンダクトやオーディオ等の電装部品は静電モップでの埃の除去がおすすめです。
スピードメーターはこすり傷がつきやすいため、めがね拭きでやさしく拭いていただくと綺麗になります。

専用クリーナーはエタノール等が含まれている物がございます。ご使用に際しては、目立たぬ部分で 変色や色あせ等が無い事を確認してからのご使用をおすすめします。
又、保護艶出し材は、艶がでることで、照り返しがきつくなると感じることもあるため、同様に 目立たぬ部分で試してからのご使用をおすすめします

service_img1401_05

内側ガラスも手垢等で汚れます。水を固く絞ったタオルを1枚、乾いたタオルを1枚それぞれ両手に持ち、 水拭き→から拭きで1枚づつ仕上げます。汚れが落ちにくい場合は、タオルにガラスクリーナーを含ませ、 汚れを拭いてから、から拭きで仕上げます。

フロントガラスやセダンタイプのリヤガラスを拭く際にきつい体勢になってしまうことがあります。 体を痛めぬよう、くれぐれも、無理はしないで下さい。
又、大変ご好評頂いておりますアイサイト装着車に関しましてはフロントガラス 上部ステレオカメラに衝撃を加えたり、レンズに触れたりすると、故障の要因となります。ご注意下さい。

天井やシートの染み等が気になる場合、汚れの程度にもよりますが、清掃の仕方によって、 逆に生地を痛めたり、剥がれたりする場合もあるため、ご相談ください。

service_img1401_06

「せっかく綺麗な室内空間にしたのに、臭いが気になる」という方は、、、

消臭や防臭、抗菌等の効果を期待でできる商品を、ご紹介いたします。

エアコンフィルター装着車につきましては、高機能タイプのフィルター(クリーンエアフィルター)や カートリッジ式消臭抗菌剤(わさびデエール)によってエアコンシステムの不快な臭いや菌の繁殖の抑制 に効果が期待できます。

続いて、車内の天井やシート、フロアマット等からの嫌な臭い、例えば、

ペットとご一緒にお出かけする方タバコを吸われる方、等には、光触媒」を利用した (ニオイトルーン)や特に新車時の施工をお勧めする(ハイブリッドチタンコート)といった商品も ご用意しております。

快適な室内空間は気持ちにも落ち着きが生まれ安全ドライブにつながります。

ボディの洗車と併せて、今一度、室内にも目を向けてみてはいかがでしょうか。