おクルマの洗車方法

洗車は自分で作業しなければならない事ではありませんが、ご自分で行なう事により、「より一層お車に愛着を持っていただけるのではないか?」と思い、ご紹介させて頂きます。
又、当社でお奨めしているプレミアム泡洗車について、少々ご説明させて頂きます。

洗車に適した場所、時間など

洗車場所はガレージなどで屋根のある囲われた場所がベストではありますが、一般的にはそのような場所をお持ちの方は少ないと思いますので、風の影響が少なく直射日光の少ない場所を選んで下さい。
時間は直射日光の少ない早朝か夕方、もしくは曇りの日が良いでしょう。
ボディが日光により熱せられると、早期に乾いてしまい、洗い残しの汚れ、埃などによりかえって車体を傷付けてしまう恐れがあります。


必要な道具

カーシャンプー

弱アルカリ性であれば安い物でも大丈夫です。
こだわりのある方は別にして、高価な物でなくても問題ありません。

スポンジとバケツ

1つ用意して頂ければ、消耗が激しい物でもないので長く使えます。

拭き取りタオル

セーム皮でも、一般的に売っているタオルどちらでも大丈夫です。
多少使い込んだ物の方が良いでしょう。

仕上げクロス

極細繊維の物が望ましいです。
カーショップなどで売っています。


洗車の方法

① 洗車場であれば高圧洗浄機、自宅であればホースの水圧で、落とせる汚れは落としましょう。 車体に水をかける事により大きな汚れを落とす効果、汚れを浮き立たせる効果、ボディーの温度を下げる効果があります。

② バケツにシャンプーとスポンジを入れ、水を勢い良く注ぎ泡立てましょう。

③ スポンジで汚れをボディーを上から下へと洗い流していきます。

水分が乾いた状態での拭き取り作業はボディーに傷付ける恐れがある為、気温が高い日や、日光が当ってしまう場合は1パネルごとに洗い、シャンプーを洗い流した方が良いでしょう。

④ 車体全体を洗い終わったら、ボディーの水分を拭き取ります。

ゴシゴシ擦るのではなく、優しくサッと拭き取りましょう。

⑤ 仕上げ用クロスにて乾拭きして、艶出しをしましょう。

⑥ 内窓の汚れを拭き取り、ダッシュボードなどのほこり、汚れを拭き取り、車内が汚れていれば掃除機をかけて終了です。

ワンランク上の仕上がりを望むのであれば、WAXかけをするのも良いでしょう。

当社お奨めのプレミアム泡洗車の紹介

施工前

イメージ

施工中

イメージ

試しに右半分だけ施工してみました。

イメージ

施工後ピカピカになりました。

イメージ

当社のお奨めしているプレミアム泡洗車は、汚れ落としと同時に撥水コーティング作業も同時に出来る為、作業性に優れております。
是非お試しにどうぞ。



プレミアム泡洗車 定価3,150円
イベントなどにより割引も致します。