東京スバルの採用案内

セールス 大沼 和樹 [2018年入社]

セールス 大沼 和樹

お客様のカーライフを
安心して任せてもらえる存在に

仕事を楽しむコツは自分らしくいること

小学生の頃からはじめた剣道を通じて、学生時代は幅広い世代の方と関わってきました。その影響で人と話すことが好きで、就職活動では「人と人との繋がり」を軸に営業職を志望しました。たくさんの営業職がある中で、ディーラーを選んだのは、商品を販売した後もお客様との関係が続き、深い関係性が築くことができると思ったからです。

入社するまでクルマやSUBARUについての知識はほとんどなく、入社直後は自分からクルマを買ってくれるお客様はいるのか少し不安でした。特にSUBARUのお客様はクルマに詳しい方が多いと聞いていたので。それでも自分らしく、まずはお客様との会話を楽しむところからはじめていきました。今でも忘れられないのが、初めて買っていただいたお客様。本当は買い替えるつもりがなかった方だったのですが「大沼さんの人柄と笑顔で決めちゃいました」と言って、購入してくださったんです。そのお客様のおかげで、まずは自分を信頼してもらうことの大事さに気が付くことができました。

セールスとして、旅行の話やご家族の話からお客様へのご提案に結び付けられるように、常にアンテナを立てることも忘れていません。会話の中で「今のお車だと使いづらいのでは?」と感じれば、正直に買い替えの提案を行うようにしています。あと意識しているのは、基本的なことかもしれませんが約束を守ること。スケジュールやTO DOリストの管理はしっかり行い、お客様に信頼していただけるように、準備の段階から力を入れています。

愛されるカーライフアドバイザーに

東京スバルのセールスは「カーライフアドバイザー」であると思っています。それは、私たちの実際の仕事がクルマの販売だけでなく点検・修理といったアフターフォローや保険・JAFの加入など、カーライフ全般を支える仕事だから。人生に関わる仕事だからこそ、お客様に安心して任せてもらえるような存在になりたいと思っています。そのためには、第一に知識の習得。そして、お客様がご来店された際に100%で対応できるように日々のスケジュール管理も徹底して行っていきたいです。目標は、日本で一番愛されるカーライフアドバイザーになることです。

ONE DAY セールスの一日

朝礼・準備
朝礼・準備

朝礼では連絡事項や商談予定等の情報を共有。オープンに向けて準備をする。

オープン・来店対応
オープン・来店対応

ショールームがオープン。ご来店されたお客様の対応をする。

休憩

昼食を取る。タイミングが合えば、同僚と一緒に休憩することも。

来店対応・書類作成・
フォロー活動
来店対応・書類作成・フォロー活動

お客様対応に加え、諸手続きに必要な書類の作成や点検入庫促進などを行う。

整理・スケジュール確認
整理・スケジュール確認

今日一日の出来事や確認事項を整理。今後のスケジュールを確認し、明日の準備をする。

フォロー活動・終礼
フォロー活動・終礼

日中に対応できなかったお客様にフォロー電話をかける。終礼後、帰宅。

OFF TIME 私のオフタイム

趣味三昧!
東京スバル社員として草野球に月1回参加しています。違う店舗の方とも会える機会なので、自分が経験したことのない話を聞けるのは面白いです。
個人としては、社会人になってからサーフィンをはじめました。

2024年 新卒エントリーはこちらから

  • 東京スバル専用エントリーページ

    東京スバル専用
    エントリーページ

  • マイナビエントリーページ

    マイナビ
    エントリーページ

採用に関するお問い合わせはこちらまで
総務部 人事課:採用担当 嶋田・吉田・河原井
E-mail:recruit@tokyo-subaru.co.jp