先輩のメッセージ

セールス 髙橋 佳祐(2011年入社)

セールススタッフ

就職活動では、直接お客様と接する仕事がしたいと思い、クルマや住宅の営業を中心に探していました。スバルを選んだのは、クルマ作りに対する強いこだわりを感じ、共感できたから。自分自身が納得したものでなければ、お客様に自信を持って伝えることなんてできません。また、社員の雰囲気が自分に合いそうだと感じられたことも入社を決めた理由です。

入社後はとても充実した研修からスタート。以前からクルマが好きで一定の知識は持っていましたが、より細かい機械的なことや自動車に関する法律についてなど、一から丁寧に教えてもらいスムーズに現場に出ることができました。配属先では、先輩からお客様の担当を引き継ぎ、まずは名前を覚えていただけるよう何度もお客様のもとに通いました。最初はなかなか思った通りにお客様とコミュニケーションが取れず、お客様に心を開いていただくことの難しさに直面しましたが、お客様が私の成長を見守ってくださり、最近は「しっかりしてきたね」と声をかけられることも。こうしたお客様との関係を築けることは、この仕事の大きなやりがいだと思います。

セールス 森川 由理(2011年入社)

セールススタッフ

私の家族が“星のマーク”のクルマを愛用していて、スバルは暮らしの中に溶け込んでいました。そして、「人と話すことから始まる仕事がしたい」と考えたとき、自然と営業職に興味がわきました。決め手となったのはズバ抜けた安全性です。女性だからこそ安全性は一番に訴えていきたいし、自信を持ってそれができるのはスバルだけでした。

入社以来、同期の仲間に負けたくないという気持ちが強くて、まずは一番の自分の弱点だった技術的な知識の勉強を心掛けました。私が続けている方法は、わからない専門用語があれば同じ店舗のメカニックにすぐに聞きに行き、自分にわかる言葉に翻訳して理解すること。メカニックは喜んで教えてくれるし、チームワークがよくなるという効用もあるんです。

今では「女性だからメカのことはわからないと思ってたけど、失礼だったね」とお客様に言ってもらえるようになりました。セールスの基本はお客様との距離感を縮めること。頼りになるカーライフのパートナーとして、一人ひとりのお客様と途切れることのないお付き合いを続けることが、セールスに与えられた真のミッションだと考えています。

メカニック 植松 将司(2013年入社)

メカニックスタッフ

幼少期、家族でドライブをして遊園地に行った思い出が私のクルマ好きの原点です。ボクサーサウンドを奏でるレガシィを昔からカッコいいと思っていたので、就職では迷わず地元のスバル販社を選びました。

仕事の中心は、定期点検や車検の整備です。心掛けているのは、より安心して乗ってもらうために、プラスアルファの付加価値のある整備をすること。そのためには、目の前のクルマをただ点検するだけではなく、オーナーであるお客様はどんな人だろうと考えながら各部を注視しています。仕事に使っている、小さいお子様がいる、街乗りが中心か高速をよく使うのか、運転のクセまで見えてくると、特に念入りに点検すべき箇所や消耗の進む部品に当たりがつきます。そうすれば早めの対策が可能となり、結果として安全で愉しいクルマに長くお乗りいただけるのです。

目標は、お客様が期待している以上の整備をすること。整備が終わったあとの洗車や社内清掃まで念入りに行うのもその一環です。「ここまでやってくれたの!」「また植松君にお願いしたい」と言われるように日々全力で頑張っています。

新卒エントリーはこちらから

東京スバル専用エントリーページ

東京スバル専用
エントリーページ

マイナビエントリーページ

マイナビ
エントリーページ

採用に関するお問い合わせはこちらまで
総務部 人事課:採用担当 吉田 夏織
E-mail:recruit@tokyo-subaru.co.jp